ふるさと永代供養墓

永代供養墓とは、継ぐ人がいなくても寺院など管理者が永代にわたって管理・供養を行うシステムをとっているお墓のこと。納骨方法やカタチはお墓によって異なります。個別納骨タイプもあれば、合同納骨タイプもあります。

樹木葬墓地も永代供養システムをとっているところが多いようです。

永代供養墓が向いている方

永代供養墓は、こんなお悩みの方のある方におすすめします。

  • お墓を継ぐ人がいない
  • 継ぐ人はいるが、継いでくれるかどうか将来が不安
  • 経済的に「〇〇家」のお墓を買うことが難しい

納骨方法

個別納骨タイプ

骨壺などに納めて個別の墓地・納骨堂に納骨します。

合同納骨タイプ

合葬墓・合同墓・合祀墓といわれるお墓は合同納骨になります。合同納骨タイプの中でも、1柱ずつ骨袋に納めて納骨する場合と、納骨室にむきだしの状態で合同納骨する場合があります。遺骨を粉末(パウダー状)にして納めるところもあります。

お参り方法

合同納骨タイプは、シンボルとなる石塔や仏様の前でお参りすることになります。

合同納骨の際の注意するべきポイント

遺骨は取り出すことができない!

合同納骨した後に、「やはりお墓を建てたい」と思っても取り出し不可とするケースがほとんど。個別納骨タイプなら、後から遺骨の引っ越し(改葬)することもできますが、

本人、家族、親戚の供養に対する意見に食い違いがないか

「自分はお墓はいらない」と言っても、家族や親戚が必ずしも同じ意見とは限りません。合葬墓・合祀墓にした人の中には「せめて数年間は個別に納骨すれば良かった」という声も耳にします。

永代供養墓の費用相場

永代供養を前提としたお墓の費用は、1人(1柱)あたり、3万~100万円と幅がいろいのですが、ボリュームゾーンは10万円~50万円くらい。この差は、立地や納骨方法、管理方法などによって異なります。1人(1柱)料金ではなく、2人(2柱)用、家族向けのの費用設定をしている場合もあります。全国平均では82.3万円(調査:2016年鎌倉新書)。

投稿日:2018年12月20日 更新日:

Copyright© ふるさと供養ネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.